建設総合コンサルタント中央開発のページへ
当社のサイト内を検索します AND OR
 G-Cube ファミリー 柱状図作成ソフトウェアGeoBuild(新指針対応版)のご紹介
海上と台地のGISソフトウェア 地質、柱状図、地盤データを地図(GIS)とともに取り扱いが可能
 
統合地盤情報管理システムG-CubeGIS
cubeのアイコン GeoBuild 新指針への対応につきまして
G-Cubeファミリー
統合地盤情報管理システムG-Cubeの紹介へ G-Cube
GeoBuild(新指針対応版)
⇒GeoBuild FAQ(ご質問)
簡易液状化を判定するためのフリーソフト CKC-Liq

GeoBuildは、柱状図データの作成ソフトとして展開を続けております。
このたび新指針対応版を販売することにいたしました。
新Geobuildイメージ図
※新指針に対応してメニューなどが刷新されています。

※いままでのGeobuildは今年度末での終息を予定しています。
(旧バージョンとして開発は終了とし、アップデート等は行いません)
【旧バージョンダウンロード】

ご購入前から購入後のご質問まで、今までいただきましたご質問をFAQとしてまとめて掲示させていただいております。 右側のリンクよりご覧ください。

 
cubeのアイコン  GeoBuild新指針版で作成、処理できる柱状図、試験項目事例

平成27年に(一財)日本建設情報総合センターが運営する社会基盤情報標準化委員会(委員長・柴崎亮介東京大学教授)内、ボーリング柱状図標準化小委員会の成果として「ボーリング柱状図作成及びボーリングコア取扱い・保管要領(案)・同解説」が公開されました。
(リンク)ボーリング柱状図作成及び ボーリングコア取扱い・保管要領(案)・同解説(全地連)
 上記公式公開のページにPDFファイルにて詳細に解説されています。
(リンク)「ボーリング柱状図作成及びボーリングコア取扱い・保管要領(案)・同解説」(PDFファイル)
 今回の更新は上記に対応したボーリング柱状図の作成を可能にするものです。

主な特徴
柱状図・土質試験関係

既存のGeobuildの特徴に加えて、以下の項目に対応しました。
・ボーリング柱状図様式の追加
 土質柱状図・地すべり柱状図それぞれに、標準貫入試験用/オールコアボーリング用などが設定されました。
・標準貫入試験の貫入量の単位変更
 現在はcm単位ですが、mm単位に変更になりました
・コア質量・破砕度の追加
 上記それぞれにデータ項目が追加されました
(コア質量:下端震度・コア質量)
(破砕度:上端・下端深度、破砕度コードの判定区分および判定表)
など、新しい要領に対応しております。

上記以外にも対応を行った変更箇所が多数ありますが、詳しくは国土交通省:電子納品に関する要領・基準に掲載されているPDFファイルをご覧ください。

(リンク)地質・土質調査成果電子納品要領改定のお知らせ(2016年10月27日)(PDFファイル)

(リンク)電子納品運用ガイドライン【地質・土質調査編】改定のお知らせ(2016年12月27日)(PDFファイル)

新しいGeobuildでは上記ガイドラインに準拠するXMLファイルを作成することができるようになりました。

フォーマット変換 H21年版のXMLファイルからの読み込みに対応
旧バージョンでの保存
動作環境 Microsoft Windows (Windows7/8.1/10)
※上記以外のOSはサポート対象外となります※
更新履歴 Ver5.1.3更新内容
機能追加・変更
・土質ボーリング柱状図(標準貫入試験)に孔内載荷試験,現場透水試験,原位置試験,弾性波速度試験を表示できるように修正
バグ修正
・印刷時に深度40mに余分な線が入るのを修正
・コア形状でVIIIが2行になるため,幅を調整した
・旧GeoBuildファイルのインポートや他ソフトで作成のXMLファイルの表示時に,DXF出力でエラーが発生する場合があったのを修正

Ver5.1.2更新内容
機能追加・変更
・アップデートを行った場合に,更新した内容を案内する機能を追加
・フリー情報の入力・編集機能追加
・観測記事枠線データの反映と編集機能の追加

バグ修正
・「地質調査技士」が「地質調査技師」となっていたのを修正
・テクリスコードの先頭の0が消えてしまうのを修正
・ペースト時の挙動が正しくない場合があったのを修正

Ver5.1.1更新内容
土質試験結果一覧表データのXMLファイルの修正

Ver5.1.0更新内容
販売版のリリース

機能追加・変更
・土質試験結果一覧表の編集・表示機能追加
・電子納品データ用にリネーム,連番,フォルダ名等の一括設定機能追加
・断面図編集・表示機能追加
・ツールバーの様式変更,表示種別をプルダウンメニューに変更(ボタンに戻すことも可能)
・総削孔長を土質区分の下端深度にしていたが,ユーザーが設定できるように変更
・標高,深度の文字が重ならないように修正
・一斉印刷を貫入試験ラベル,土質試験結果一覧表にも対応した。

バグ修正
・DXF出力で作成したDXFファイル修正(図面範囲修正,AutoCadでコピー時にエラーになる点の修正)
・日毎の地下水位の簡略柱状図出力の修正
・簡略柱状図のグラフの下端深度の修正
・削孔水・送水量欄に削孔水が表示されなかったのを修正
・DocuWorksでカスタム用紙サイズの印刷が正しく行われなかったのを修正
・原位置試験のグラフ表示設定が正しく保存されないのを修正
・一斉印刷で柱状図様式が正しく反映されないのを修正
・標準貫入試験で備考欄の表示が行われない場合を修正

過去の更新履歴

今後の更新予定 Ver2.10以下のXMLファイルのインポート機能
土性図の表示機能
ライセンス ・販売価格(税込み)\32,400-
(1ライセンスにつき,1台のコンピュータ上で動作する1つのOS(オペレーティングシステム)上にインストール可能)

・ソフトウェアの試用期間
30日

・ライセンス購入方法 下記より,ダウンロードを行ない,インストールしてください。
インストール後,ライセンス登録(「ヘルプ」−「ライセンス登録」)をおこなってください。
詳細は操作マニュアル(「ヘルプ」−「操作マニュアル表示」)を参照してください。

・バージョンアップ料金
バージョン6以降にメジャーアップグレードする場合有償
(次回のメジャーアップグレードは,「ボーリング柱状図作成及びボーリングコア取扱い・保管要領(案)・同解説 平成27年6月 一般社団法人全国地質調査業協会連合会、社会基盤情報標準化委員会」または「地質・土質調査成果電子納品要領 平成28年10月 国土交通省」が改訂された場合,または,これらに代わる要領等が発行された場合を計画しています。)


注意事項

・配布・転載について
本ソフトウエアの無断配布・転載は禁止とさせていただきます。

・サポートついて
サポートはメールにより受け付けております。電話によるサポートは受け付けておりませんのでご注意ください。
 
 

お預かりした個人情報について


情報収集の目的
└今後のシステム開発を行うにあたっての参考資料とさせていただきます。
第三者への提供について
└以下のいずれかに該当する場合を除いて,提供/開示することはございません。
・ご本人の同意がある場合
・ 人の生命,身体または財産の保護のために必要な場合で,
  ご本人のご同意をいただくことが困難な場合
・ その他法令にもとづき開示・提供を求められた場合
個人情報の取り扱いに関するお問い合わせ先
└中央開発株式会社 ソリューション事業部 情報技術部
mail: g-cube@ckcnet.co.jp



ダウンロードに際してはユーザー登録をお願いしております。以下の項目を入力していただきましたのち、ページ下部のダウンロードを押してください。(このページの動作にはJavascriptが必要です)

GeoBuild 新指針対応版
1ライセンス¥32,400円(30日間の無料お試し期間有)

ソフトウェアはインストール後30日間は無料で試用できます。ただし30日を越えて使用する場合は、ライセンスの購入・登録が必要となります。

ユーザー登録    
お名前 (必須)
E-Mail (必須)(半角)
所属機関 (必須)
職種 (必須)
利用目的 (必須)
ご住所  
電話番号  
部署  
役職  


   

GeoBuild新指針対応版
Ver5.1.3
 
(Javascriptをonにしていない場合,ダウンロードできない場合がございます)

   


GeoBuildのリーフレットはこちら




 

(C)2004 Chuo Kaihatsu Corporaition. All Rights Reserved.