建設総合コンサルタント中央開発のページへ
当社のサイト内を検索します AND OR
 G-Cube ファミリー 柱状図作成ソフトウェアGeoBuild(新指針対応版)のご紹介
海上と台地のGISソフトウェア 地質、柱状図、地盤データを地図(GIS)とともに取り扱いが可能
 
統合地盤情報管理システムG-CubeGIS
cubeのアイコン GeoBuild Version5 更新履歴
G-Cubeファミリー
統合地盤情報管理システムG-Cubeの紹介へ G-Cube
GeoBuild(新指針対応版)
簡易液状化を判定するためのフリーソフト CKC-Liq
Ver5.0.4更新内容
体験版の有効期限の延長(10/10まで)
機能追加・変更
・作業日毎の孔内水位で,備考欄に「水位無し」の記載がある場合には,「水位無し」と表記するように変更
バグ修正
・XMLファイルに空のタグが存在する場合に,エラーが発生する場合があったのを修正
・軽微なバグの修正

Ver5.0.3更新内容
機能追加・変更
・ファイルを開く際に複数ファイルを選択できるように変更
・簡略柱状図のDXF出力機能追加
・一斉印刷機能追加
・ローカル座標の標高設定で,KBMなどのようにT.P.との差を必要としない場合も設定できるように変更
・調査期間の設定でカレンダーによる設定を追加
・外部公開の設定追加
・柱状図記号の追加
・断層破砕帯が入力されている場合,柱状図記号の両側に記号を表示する機能を追加
・岩級区分・破砕度の区分判定表で,電子納品要領に記載されている例の表を呼び出せるように変更
・コア採取,最大コア長,RQDの値の表示機能追加(設定で表示・非表示の選択可能)
・岩盤柱状図のグラフの表示項目の設定追加
・コア採取率,最大コア長,RQD,弾性波速度検層,原位置試験のグラフで,線を結ばないようにする機能を追加
操作性向上
・原位置試験の表示設定で,設定の不要な項目をグレーに変更
・選択中の柱状図や表示モードを,ツールバーやメニューバーにチェックを入れるように変更
バグ修正
・原位置試験の表示設定が開かない場合があったのを修正
・岩級区分・破砕度の区分表設定で行追加,行削除の修正,項目名が取得されない場合があったのを修正
・地下水検層の設定で行追加・行削除の修正,ソートを行えないように修正
・旧GeoBuildファイルでインポート時にエラーが発生する場合があったのを修正
・溶岩の記号を作成要領に合わせて修正(上下逆に修正)
・地すべり柱状図で孔壁保護を記号表示した際の記号を修正(1と表示されていたがB1に修正)
・標高・深度が表示される項目の修正
 左側から,下記の項目までと記事の上端深度,下端深度で標高・深度を表示
(土質:相対稠度,岩盤:岩級区分,地すべりコア:硬軟・相対稠度,地すべり標準:相対密度まで)
・岩盤柱状図の標準貫入試験の50以上を示す矢印のサイズ修正,グラフ切断が反映されなかったのを修正

バージョン5.0.2
機能追加
・DXF出力の追加
・計測機器,備考の編集機能作成
・旧GeoBuildファイル(拡張子DB,GB,SLD)の読み込み機能追加
・標準貫入試験のグラフを切断できるように修正(備考欄に「グラフ切断」と記載)
・グラフに色を付けられるように設定
・柱状図表示画面でのショートカットキーの追加(CTRL+N,O,S,P)
・柱状図様式の変換を編集メニューから様式変換メニューに移動
・編集メニューで入力されている項目にチェックを付けるように変更
・地下水検層の検層方法の設定を修正

バグ修正
・矩形グラフの表示が折れ線になっていたのを修正
・地下水位の月日が0の場合に表示されるのを修正
・読み取り専用セルで削除,カットが行われるのを修正
・行削除が抜けていたフォームの修正(コア質量,補孔管)
・印刷余白の設定が反映されないのを修正

バージョン5.0.1
表示時のバグ修正

バージョン5.0.0
「ボーリング柱状図作成及びボーリングコア取扱い・保管要領(案)・同解説 平成27年6月 一般社団法人全国地質調査業協会連合会、社会基盤情報標準化委員会」および「地質・土質調査成果電子納品要領 平成28年10月 国土交通省」に対応いたしました。



 

(C)2004 Chuo Kaihatsu Corporaition. All Rights Reserved.